歯科衛生士国試サポートのブログ

某ブログで1年間、歯科衛生士の国家試験対策をしていましたが、こちらに引っ越してきました! 今後ともよろしくお願い致します!

前回のOHIはまだ大丈夫だと思いますが、私が学生の頃はこのDMF指数で頭がパンク通り越してバーストしましたでもこの項目って絶対出るんだよなぁ。。。てなわけでまずは文字にしてまとめてみましょうDMF指数D:decayed teeth→う蝕歯M:missing teeth→欠損歯F:filled teeth→処

こんにちはっっ歯科疾患の指標の項目は毎年出ます計算がとぉぉぉぉっても苦手、というか生理的に無理で、他の問題で絶対合格点余裕で取れるっていう自信がある人なら捨て問でいいと思いますが、足し算と割り算をすれば答えが出るものなので、基本的には覚えたほうが高得点は

歯の付着物・沈着物〜DHへの道7〜

こんばんはー最近はこの時間が一番パソコンの前に座るのが楽な時間です今日は歯の付着物、沈着物についてですこれは専門時代結構叩き込まれた内容なのでその時代から重要であったと思われます。なぜプラークができるのか?そもそもプラークって何?そういうところになります

こんばんはさて、人体の構造と機能の頻出は第一章を終えました。とりあえずです。まだまだ覚えなきゃいけないことはありますが、毎年のように出題されているところは前回までのところです。そしてコーヒーブレイク的な気持ちで今日は臨床の過去問を解いてみましょうでは歯科

血液検査〜DHへの道6

こんにちはっっさて、今日は少し全身のことに戻りまして、血液検査の過去問を解いていこうと思いますこれはですね、近年需要が高まってきている問題と感じます臨床で見る場合も結構あるし、患者さんに聞くことも多いので余計に必要とされる知識なのですね。納得ここで一番出

↑このページのトップヘ