歯科衛生士国試サポートのブログ

某ブログで1年間、歯科衛生士の国家試験対策をしていましたが、こちらに引っ越してきました! 今後ともよろしくお願い致します!

こんばんはさて、人体の構造と機能の頻出は第一章を終えました。とりあえずです。まだまだ覚えなきゃいけないことはありますが、毎年のように出題されているところは前回までのところです。そしてコーヒーブレイク的な気持ちで今日は臨床の過去問を解いてみましょうでは歯科

血液検査〜DHへの道6

こんにちはっっさて、今日は少し全身のことに戻りまして、血液検査の過去問を解いていこうと思いますこれはですね、近年需要が高まってきている問題と感じます臨床で見る場合も結構あるし、患者さんに聞くことも多いので余計に必要とされる知識なのですね。納得ここで一番出

昨日の動画は私結構真面目に作りましたさて、今日は更に真面目に過去問をチェックしていきましょう!出題者の先生方がどんな考えかはわかりませんが、細胞小器官ってちょっ名前変えるだけで立派な問題になるので、出しやすいと思います。ただ、頻度としてはミトコンドリアが

細胞小器官〜DHへの道3〜

突然ですが口内炎にはビタミンB2!!レバーだけじゃないyo!毎日食べるなら納豆!!←TBIでよく使う↑ 特に国試関係ないです。↑さて、今日は細胞の機能についておさらいです。これも頻出問題ですねこれも基本は暗記ものです。核・・・DNAとたんぱく質の複合体が含まれていて、

暗記ものは見て絵で覚えるものだと思ってるので前回のあんな動画になりました見づらかったらすみません過去5年の過去問を見るとですね、見事に消化器系は毎年出題されています。例えば2016年の午後の問題1Q消化管で、胆汁が流入するのはどれかa、食道b、胃c、十二指腸d

↑このページのトップヘ