こんにちはっ

今日は検査項目についてです。検査項目ってアバウトすぎですよね

結構前に血液検査のことについてまとめたのですが、今日は尿検査について。

まずは
・尿蛋白
→慢性腎臓病、腎炎、尿路感染症。高熱が出た時に熱性蛋白尿が出たり、一過性の過労などでこの項目が陽性になることがあります。
 
・尿潜血
→膀胱炎、腎臓や尿管の結石など。前立腺炎や泌尿器系の悪性腫瘍でも陽性となることがある。

・尿糖
→糖尿病、腎性糖尿病、甲状腺機能異常など。尿糖が出たからと言って糖尿病というわけではないので注意。

・尿ウロビリノーゲン
→急性・慢性肝炎や胆管結石などの肝臓、胆嚢の疾患を疑い、血液検査や生化学検査に回します。

・尿ケトン体
→下痢、嘔吐などの消化器系のトラブル時、糖尿病や甲状腺のトラブル、発熱時に異常値が出やすい。


尿検査もあなどれないっ

尿と泌尿器系(腎臓のつくりなど)に関してもちょこちょこ国家試験で出題されているので要チェックです