こんにちはっっ

今日は局所麻酔についてです。

実際臨床で使うものってリドカイン(商品名はオーラ注)とプロピトカイン(商品名はシタネスト)です。
 この2つはアミド型局所麻酔薬の分類でアレルギー過敏症が少ないです。

逆にアレルギー過敏症が多いのはエステル型。
コカイン、テトラカインなど。


国試的に出てもおかしくはないと思います。
アミド型とエステル型を分類して、なおかつみんなが覚えるべきはアミド型の方!とりあえず「リドカインとプロピトカイン」を覚えましょう。

ちなみに基本的にはリドカインを使うのだけど、全身疾患などで服薬している関係でリドカインがちょっと・・・の人にはプロピトカインを使用しますが、リドカインより若干効きにくいことがあります。

しかし!!!!!

量を増やすとそれはそれでメトヘモグロビン血症がおこることがあるので注意が必要です


※↑ご指摘を受けて訂正しました。ヘモグロビン血症ではなく、正しくは「メトヘモグロビン血症」です。
↓ぽちっと応援お願いします!↓
 にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ
にほんブログ村