こんにちはっっ

今日は嚥下障害のスクリーニングテストについてです

簡易的にできるものとして代表的なのは

反復唾液嚥下テスト(RSST) 
→人差し指で舌骨、中指で甲状軟骨を触知した状態で空嚥下を指示し、30秒間に何回空嚥下が行えるかを数える。
30秒間に3回未満は「陽性」とし、 問題ありとする。

改定水飲みテスト(MWST)
→3mlの冷水を嚥下させ、嚥下運動(咽頭期障害)を評価する方法。
嚥下を触診で確認して、
・嚥下がなく無反応の場合、評価不能で終了。
・嚥下がなく、むせなどの反応があれば1点で終了。
・嚥下があり、著しいむせ(呼吸切迫)をみとめたら2点で終了。
・嚥下があり、むせを認めたら3点で終了。

・嚥下が起こったあと「えー」などと発声させて、湿性嗄声があれば3点で終了。 

湿性嗄声がなければ反復嚥下を2回行う。
・30秒以内に2回できなければ4点で終了。
・30秒以内に3回可能であれば、再度はじめから検査を施行。
※最大で2回繰り返し、合計3回の施行に問題なければ5点で評価終了。


↑全部完璧に覚える必要はありませんが、点数が小さいほど問題があるという事、湿性嗄声(しつせいさせい)が個人的に重要と思う。

ぽちっとお願いします↓
 にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ

にほんブログ村