こんにちはっっ

今日はスタンダードプレコーションについてです 

スタンダードプレコーションは何のことを言っているかはわかります・・・よね?

感染予防です。

スタンダートプレコーションとはっっ

血液や体液、排泄物などの全てを感染源と考えること。病原体を持っていない患者に対しても同じく、「全ての患者に対して行われる感染予防。」

<歯科って血液検査しないから、血液を媒体とする感染症の人を特定できません。
その癖観血処置多いじゃん。スケーリングしても出血するし、SRPも絶対出血するし、タービンで形成中なんて粉塵とともに血液飛んでるじゃない。) 

しかも患者さんも歯科は関係ないよね。とか思って問診票に書かない人もいます。
問診票に項目があるのにも関わらず!!!!なんで!!!!

さ、具体的な対策としては以下の通り。

血液、体液に触れる可能性が少しでもある時はグローブを着用する。

血液や体液が飛び散るであろう時(それこそ形成とか)はプラスチックエプロン、マスク、ゴーグル等の防具を使用する。

感染性廃棄物の運搬や処理を適切に行う。

もし手に触れたらすぐ水洗&消毒を行う。

手袋を外した後も手をしっかり洗う。

↓ぽちっとお願いします↓
 にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ
にほんブログ村