こんにちはっっ

今日は歯周外科処置についてやります

薬が進化してもまだまだ歯周外科は需要があります。

歯周ポケットが深いからフラップをするとかいうのはまた違うのですが、それは臨床に限りなく近いものになるので今日は話しません

歯周外科処置の術式は把握していますか?

歯周ポケット掻爬術

新付着術

歯肉切除術

歯肉剥離掻爬術

歯周形成手術

歯周組織再生療法


最近はこの歯周組織再生療法が結構アツいよね。エムドゲインなどの薬剤が出てるので、それでSRPなどと併用して歯周組織再生にアプローチします

根分岐部病変に関してはかなり難しい内容なのですが、まずSRPだけではどうしようもできません。

フラップの際にルートトランクを骨バーなどでちょっと形成するとかはできますね。

あとはセパレートしちゃうとかね。

根分岐部病変はなかなか治りにくいので大変です。

基本治療が終わったらメインテナンスに入るのですが、歯周炎の基本治療が終わったあとのメンテのことは「SPT」と言います。(サポーティブ・ペリオドンタル・セラピー)です

名前は一丁前に長いけど、とても大事なのです

ここでいいのも悪いのも変化に気づけるといいですね



よいお年を!