こんにちはっっ

今日は精神障害の話です。

実際診療室に来ている日は基本的に状態がマシな日です。

調子が悪い日は外に出ることや布団から起き上がること自体が難しい場合もあります。


最初の問診での服薬状況でも精神障害があるかどうかはわかりますね。

統合失調症
・前兆期→不眠、音や光に敏感になる。自分でも気づかない場合がある。

・急性期→妄想や幻覚がある。

・休息期→無気力で何かをきっかけに急性期に戻りやすい時期。

・回復期→認知機能障害が起こることがある。

歯科治療には急性期の時期はまず来れないと思います。

そして統合失調症の方への対応として、「非難がましく言わない」「心配しすぎない」というのがあります。

なので接し方としては通常通りというか、健常者の患者さんにも非難がましくいうことなんて無いと思いますので、そんなに難しい対応ではないですね

うつ病
うつ病にはいくつか種類があります。

外因性

身体因性

内因性

心因性
 
性格環境因性

こんなに分類があって、さらに人によって症状などが違うので網羅するのは無理だし、国試に出るとは思えません。

うつ病といっても先日お話しした「老人性うつ病」を重点的に復習してくださいね

認知症
これも先日アップしたブログを見てもらえばわかるかと思います。

認知症とせん妄が似ている話などはなかなかいい話です。←自分で言うな。



インスタグラムのユーザーネームは「dhkokushi」です。