自分が一番気になった質問。

MTAセメントとHYカルボ。

私の中ではMTAってまず保険きくっけ?と思って調べました。

そしたら今のところまだMTAセメントは保険では認められていないようです←私がひっかかっただけでそんなに重要じゃないけど。

そして、はっきりと違いがありました。

MTAセメントの場合

ちゅいーーーん(タービン)

「あ、露髄だわ。完全に露髄。でも自発痛もないし感染してないっぽいんだよなぁ。今切削して露髄しただけで。。。」

って時にMTAセメントの出番です。

乳歯だったら生活歯髄断髄でいくかもしれませんが、永久歯で断髄ってほぼないです。もう抜髄。
(アペキソゲネーシスとアペキシフィケーション思い浮かんだ。) 


そしてHY剤配合カルボキシレートセメントは、露髄する前!若干感染象牙質を残しながらもカルボで充填するとフッ素除放があるのと、抗菌作用が働いて感染していた象牙質が3ヶ月後ぐらいには不透過像に変化して(個人差あり)、細菌数が減少しているというエビデンスがあるらしいです。 

そしてカルボキシレートセメントは除去する必要がありますので、3ヶ月後になったらCRなりインレーなりをする時にセメント除去して充填&形成するってことですね。

ちなみにMTAセメントは除去する必要はありませんので、MTAセメントの上から最終的なものを入れます。



MTAセメントは「直接覆髄」


HY剤配合カルボキシレートセメントは「間接覆髄」