こんにちはっっ

今日はオーラルヘルスプロモーションについてです!

まずヘルスプロモーションとは

「自分で健康守ろう!そしてQOL向上していい人生にしよ!」

ってところですね。

ほぼセルフなのですが、ただ突き放してるわけじゃなくて、個人でセルフケアをする為の手段や方法を医療従事者やそれに関係する人たちが情報提供するっていう内容です。


オーラルヘルスケアってことだと、定期的にクリーニングするのだけどその際に「しっかりあなたに合ったTBIをしますので、日頃自分で頑張ってくださいね。」

ってことです。

そう思うと歯科医師よりも歯科衛生士の方が断然オーラルヘルスケアに貢献する割合が高いわけです。

個人で対面するだけではなくて、集団を相手にするものも言います。


健康である事が目的なのではなく、健康であるから故に色々な事が自分でできること(何かにチャレンジしたり)が大事なのですね。

うーん。人生の奥深さがありますねぇ。。。

ちなみに2020年までの口腔保健の国際目標なるものがあります。

結構割愛しながら説明しますが

・口腔疾患の有病率を下げてQOLの向上させる。

・口腔の健康を維持する為のコスパの良いシステムを構築する。←安いってことじゃなくて、みんなが納得する費用でできて、なおかつ予防の効果が高いもの。

・オーラルヘルスケアを含めたケアを全身疾患に関わる分野に統合していく。(最近よく聞く周術期の口腔ケアや、介護現場での誤嚥性肺炎やインフルエンザなどの予防の為の口腔ケアなど)

他にも医療従事者に関係する内容とかもあったけど、そこまで細かい内容のものは今必要ではないなと思ってここでは紹介してません。

2020年って後2年でそれらを達成していくっていう目標なんだけど2003年に制定されてから15年。。。

側からみたらなかなか順調なペースだと感じます。

先進国よりもオーラルケアに関して凄まじく遅れをとっている日本ですが、ぼちぼち追いついていけるようにこれからの世代で巻き返すしかないですね