こんにちはっっ

今日はニューロン。
この時期に!?とは思ったけど、私ちゃんとやったことなかったし、今年の出題者の先生の中でニューロンに特化した先生がいたので、やっておいた方がいいかな?と思ってまとめました

 ニューロン


まずこれ、基本的な仕組みを書きました。
画像貼れば早いけど、著作権とかあるじゃない?

まずシナプスから信号が伝達されて、樹状突起がその信号を受けて電気信号に変えます。

その電気信号は軸索を通して次のニューロンや効果器に信号を送ります。

髄鞘は神経パルスの伝導を高速化します。←バルスじゃないよ

細胞体内には細胞小器官がちゃんと揃っているので、細胞体内でタンパク質の合成が行われたりと細胞自体の働きをします。

但し、細胞体が損傷を受けて死んでしまうと再生不能になります。

そして損傷を受けた細胞の次に繋がってる細胞が変性して壊れることを「順行性変性」と言います。

逆に損傷を受けた細胞の前に繋がってる細胞が変性して壊れることを「逆行性変性」と言います。



先ほど細胞体が死んだらもう再生不能と言いましたが、細胞体が生きていた場合
末梢神経だとまた軸索が延びてきて次のニューロンた効果器に到達できることも多いのですが、中枢神経に関しては再生する可能性が低いので、脳や脊髄損傷の場合は一生後遺症が残ります。


自分の中でもニューロンって苦手分野ではあったけど、今回は意外とすんなり「なるほど」って思えました。

時間がそうさせたのか・・・