こんにちはっっ

今日は心臓の基本的な構造を勉強していきます!

心臓は過去にも出題されていますが、血液の流れと心電図。また、AEDの使用方法などを抑える必要があります。

心臓2
↑コメントいただくまで間違いに気づきませんでしたが、上の図、下の右心房が「右心室」です。すみません。

まずこれ。

パノラマ見る感覚で見れば左右がどちらかわかるね?

上が房!!!

下が室!!!!!!

ちなみに

心房細動、心室細動。どちらも心臓の異常ですが

心房細動→これが原因で死亡することはあまりない。

心室細動→数分で死亡。急いでAED!

心室はまさしくポンプの役割をする場所なので、ここが痙攣を起こしてしまうと脳をはじめとする身体全体の血流が招れてしまうわけです。

心臓1
ちなみにこれが血液の流れ。

わかりやすいように静脈は青で書きました。
私は学生の時、「肺動脈なのに中の血液は二酸化炭素が多い血液とかややこしい!」
って常々思っていましたが、今思い返すと心臓のこの単純な構造すら頭に入ってなかったなと感じました。

私だけかな?こんなこじれたの
※ちょっと左心房の弁の位置が絵的に悪かったかな。。。←反省

次回は心電図!の予定。




↓ぽちっと応援お願いします!↓


にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ
にほんブログ村