こんにちはっっ

そろそろ基礎以外もちょこちょこやろうと思います←このゆるい絵文字好き

私学生の頃デンチャー苦手だったんですけど、みなさんはどうですか?

クラウンブリッジよりもなんか複雑でやること多くて・・・(DHサイドとして)

簡単な流れはこちら↓
チェアサイドにて
概形印象

精密印象

咬合採得(顎間関係の記録)、人工歯の選択

蝋義歯試適・調整

完成、義歯調整

単純に5回来院していただくことになりますね。

正直一般歯科では精密印象飛ばすことがあるので、実質4回で終わることもあります。

さて、ここで謎が多いのが咬合採得。

咬合が安定せずor無歯顎の方の咬合を決定するのって難しいですよね。
いや、もちろんドクターがやるから私たちは使う器具準備してアシストつくだけなんだけど。

でも国試でもしかしたら「全部床義歯の咬合採得時に見るものはなにか」的な問題出るかもしれないし

上下顎の咬合では「中心咬合位(咬頭嵌合位)」が重要になります。

中心咬合位は顎関節や咀嚼筋が調和した位置を言います。ある程度歯が残っていたらまぁ。わかるけど、無歯顎だとね。

次回は咬合採得の細かいところ

サイトに広告を掲載してお小遣いが稼げる!【A8.net】





にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ
にほんブログ村
↑ぽちっとお願いします。