こんにちはっっ
 
咬合採得最後です。

小分けにしてしまったので、質問でもいただきましたが。。。

今日はゴシックアーチとチェックバイトについてです


ゴシックアーチ描記法は多数歯欠損、無歯顎など、咬頭嵌合位が不明な場合に用いられる方法で、
前方運動路&右左側方の限界運動路を口腔外で再現するためのものです
 
使用器具は咬合床、描記針、描記板。

ゴシックアーチではタッピングポイントと言って、少し口を開けた状態でカチカチしてもらうことで、矢印の頂点付近に点の型がつき、そこが中心咬合位となります 



次にチェックバイト。

使用器具は
ワックス・石膏・シリコンゴム・ポリエーテルゴムを必要に応じて使用します

対合する歯や歯列弓の位置関係を調べます

歯科衛生士の求人数で選ぶなら【ファーストナビ歯科衛生士】
にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ
にほんブログ村